『水都大阪ミナミフェスティバル2014』レポート

11月1日(土)・2日(日)と2日間に渡って開催された『水都大阪ミナミフェスティバル2014』。大阪・道頓堀のとんぼりリバーウォークと中之島公園の2会場で行い、のべ9万人の動員を記録し、終日、さまざまな催しで大阪の街を盛り上げました。

とんぼりリバーウォーク(水上ステージ)

11月1日、2日、戎橋付近のとんぼりリバーウォークで開催された水上ステージでは、お笑い、音楽、ファッション、ダンスなどのステージが繰り広げられました。日本女子博覧会では人気モデルのファッションショーに、飛び入りで新喜劇座長すっちーが“すちこ”の姿で登場。お馴染みのギャグに観客は大爆笑。またクライマックスでは、シークレットライブのNMB48が船に乗って登場すると、歓声が上がりステージが大いに盛り上がりました。

中之島公園(剣先エリア) ニコニコ町会議 in 大阪

11月1日に行われた「ニコニコ町会議 in 大阪」に、2万人ものニコニコ動画のユーザーが来場。人気コンテンツの「町踊ってみた」「町歌ってみた」に参加し、その模様をニコニコ動画で生中継しました。また中之島公園からとんぼりリバーウォーク水上ステージまで、コスプレしながら水路を船で移動する模様の生中継するなど、水都ならではの演出で、イベント会場のみならず、約3000万人の視聴者に配信されました!

商店街とイベントとの取り組み

商店街様には、事前のポスターやチラシの配布だけでなく、飲食店様にはイベントとのコラボメニューを開発して頂き、ステージ周辺の飲食ブースでコラボグルメも販売して頂きました。また、千日前商店街のマスコットキャラクター・みにゃみんがステージで商店街の楽しさをPRしていました。